永信高校10名がホームステイ

2011-01-17 (Mon) 08:54

元旦気分も覚めやらぬ1月6日、韓国永信高等学校より生徒10名、引率の先生2名がホームステイで八女の地を訪れました。

 

永信高校1 永信高校2

 

永信高等学校と本校は、昭和59(1984)年以来姉妹校の関係を続けています。入学式には、毎回校長先生にご列席いただき新入生に祝辞を賜っていますが、生徒同士の交流は日韓柔剣道大会を除いてほとんどありませんでした。 今回、生徒のホームステイ受け入れ、という日韓交流を初めて行うことができました。

 

永信高校3 永信高校4

 

 来校した永信高校の生徒、まずは始業式で全校生徒にむかって、流暢な日本語で自己紹介。なかには「嵐が好きでーす」「え~っ、恥ずかしい~っ」という素直な言葉もあって、西短の生徒からも親しみの笑顔がもれ、あっという間に気持ちが一つになりました。

 

永信高校5 永信高校ホームステイ

 

 茶道会館での生徒交流では、ボリビアからの留学生カミーラさんも交え、昨年八女国際交流協会『少年の翼』で韓国を訪れた西短生との再会や写真撮影と、本当に楽しい交流時間でした。

 

永信高校7 永信高校8

 

 ホストファミリーでの日本文化の体験は、喜びと驚きの連続だったようです。初めの着物に感激、こたつに興味津々、あるホストファミリーからの「何でも美味しい、美味しい、といっぱい食べてくれるので、私も嬉しくなります」との言葉に、微笑ましい光景が目にうかびます。

 5日間の短い間でしたが、日韓交流の大きな一歩となりました。ご協力いただきましたホストファミリー、八女国際交流協会、国際教育交流団体AFSのみなさん、ありがとうございました。

最新情報NEWS

CONTENTS

お知らせカテゴリ一覧

PAGETOP