文芸部全国大会で大活躍

2013-12-24 (Tue) 11:36

本校文芸部が全国大会等で大活躍しています。

2年生木原佑璃香さんは、7/31~8/4にかけて長崎県で開催された「第37回 全国高等学校

総合文化祭」の俳句部門に福岡県代表として出場しました。

作品 「涼風や部室の窓を開け放つ」

bungei25-2























また、同作品で木原さんは10/24~10/25にかけて宮崎県で開催された「平成25年度

九州高文連文芸大会(兼 第15回 高校生文芸道場九州ブロック大会)にも福岡県代表と

して出場しました。

第28回 国民文化祭・やまなし2013 「文芸祭 俳句大会」では小・中・高生の部笛吹市教育

委員会教育長賞にも受賞し11/2に山梨県笛吹市で行われました表彰式に招待されました。

作品 「
ドリブルで抜いて大暑の空があり

bungei25-1


















國學院大学 高校生新聞社主催「第17回 全国高校生創作コンテスト」では、

俳句部門  最優秀賞 1年 郷田 翔太 (立花中出身)   
              「滴りの山のいのちとなりしかな」
 
        佳作   2年 中村 香菜  (久留米城南中出身)   
              「菜の花に私の名前が咲いてゐる」
  
短歌部門  入選   2年 牧 沙耶 (荒木中出身)     
              「たくさんの思い出くれた妹の遺品となりしセーター抱きしむ」
 
なお、郷田翔太君と中村香菜さんの2名は、12/8に國學院大學(東京都・渋谷区)で

行われました表彰式に招待され、審査員の先生方より激賞を受けました。

bungei25-3






















































 

最新情報NEWS

CONTENTS

お知らせカテゴリ一覧

PAGETOP