西短第2回文化講演会

2009-06-22 (Mon) 16:49

西短第2回文化講演会を、6月20日(土)に開催しました。

西短第2回文化講演会

少年野球の子供たち

講師は、駒澤大学附属苫小牧高校野球部監督として、2004年、2005年夏の甲子園大会で、北海道勢に初の優勝と57年ぶりの夏連覇の偉業を達成した香田誉士史監督です。
また、2006年大会決勝戦での田中投手(現楽天)と早稲田実業の斎藤投手(現早大)との、息詰まる投手戦・決勝再試合は、皆さんの記憶にも新しいところではないでしょうか。

朝早くから、ユニフォーム姿の少年野球の子供たち、指導者の方々、保護者の方が続々と来場、時にユーモアを交えて自らの野球人生を熱く語る香田監督の講演に、会場は厳しい暑さを吹き飛ばす熱気に包まれました。

香田監督には、負けじ魂とくやしさをバネに、壁にぶつかっていった経緯にふれつつ、夢をあきらめないこと、夢に向かってチャレンジしつづけることの「かっこよさ」を語っていただき、会場のチビッ子たちも熱心にメモをとるなど聴き入っていました。

香田誉士史監督

【第3回文化講演会ご案内】

  • 講師:宇都宮英人氏(弁護士、西南学院大学法科大学院講師)
  • 題目:「自分を護る力を育てる」
  • 期日:7月31日(金) 13:00~
  • 場所:八女市文化会館

最新情報NEWS

CONTENTS

お知らせカテゴリ一覧

PAGETOP