新校長挨拶

新校長成功から自信を 失敗から知恵を
 
高校時代の三年間というのは、心身ともに文字通り急成長する時間です。
勉強のレベルは勿論のこと、社会生活における公共心、責任感、協調性
さらには自己および他者を客観的かつ公正に理解したり批判したりする
能力、等々を実践できるようになることが求められます。文字通り、子ども
から大人への過程と言えます。

 
 こうした成長の場は教室だけではありません。グラウンド、部室、廊下
寮など西日本短大附属高校で過ごすあらゆる時間、場所が成長の揺りかごです。
本校では、生徒全員が自分自身の成長を実感できる場であって欲しいと願っています。楽しい時、嬉しい時もあれば、時に苦しい時、辛い時もあるでしょう。
しかし、成功、失敗、全ての経験を糧に、皆さんはより逞しい、凛とした青年に成長します。
 
 良い意味で私たち大人を乗り越えていって欲しい、それが学校、教職員の 一番の願いです。自己の能力を十分に発揮し、他者や社会から信頼され尊重 される社会人、良き家庭人、そのような生徒・卒業生の成長した姿と再会す ることが、私たちにとって一番の喜びです。
 
 そのような意味では、西短での時間と空間は、共にミライを語り合い創造する 場でもあるといえます。
 共に西短でミライを語り創っていきましょう。

                        西日本短期大学附属高等学校 学校長 樋口 文則

建学の精神

宇宙精神・報恩感謝

  1. 宇宙精神 宇宙の法則の根源としての原理
  2. 報恩感謝 道徳法の根源としての原理

宇宙の現象は自然の法則により、人間の世界は道徳法によって成立している。また我が肉体は自然法により、我が精神は道徳法によって生きているがこの二つのものを一つに統一することが立派な人格を完成することである。したがって、この完成に向かって努力することが生徒としての心得である。

教育目標

  1. 「知・徳・体」の調和のとれた人格の育成を目指します。
  2. 能力・適正に応じて心身を鍛錬します。
  3. 自立的精神を涵養し、社会の有為な形成者を育成します。
  4. 国際社会を生き抜く個性豊な国民を育成します。

教育方針

生きる力・生き抜く力の育成

  1. 基本的生活習慣の確立
  2. 進路の完全実現教育の徹底
  3. 人権尊重精神の涵養の徹底
  4. 命を大事にする教育の徹底
PAGETOP